ジブリ作品の好きなところ

ジブリ作品には悪者がいない

私がジブリ作品の好きなところは、悪者があまり登場しないところです。

ディズニー映画なんかだと、大抵絵に描いたような悪者が現れて主人公のジャマをします。これはストーリーの王道で、悪者を最後にたおすことによりスッキリとした気持ちにしてくれるわけですが、そのためには悪者をどんどん悪くしていく必要があり、見ている途中で気分が悪くなります。

ジブリ作品にも主人公をジャマする敵や悪い職業の人はもちろん出てきますが、実はいい人だったり、筋がとおっていたり、共感できる部分があったりと、どこか憎めないキャラクターが多いと思います。


このページのTOPへ↑
本365 子育てカフェ セラピーガイド カラーセラピーランド アートセラピー フリーライフ セカンドライフ アドセンス アフィリエイト 奈良 資格 色彩日記 ジブリ IT